そんなに難しくないぞ!超銀行活用法

そんなに難しくないぞ!信託銀行

信託銀行のデメリット

信託銀行のデメリットは、財産に関する事しかできないので、子の認知や相続人の排除などはできない事や、相続人同士で遺産に関しての争い事が起きた場合は、弁護士に相談をしなくてはならないことです。

相続税などの申告もしてもらえませんし、遺言に関するありとあらゆる事が可能という訳ではないので、あらかじめ信託銀行に内容の確認をしてから利用するようにしましょう。

窓口で投資信託を購入する時のデメリットは、商品ラインナップが少ない事やコストが高い事、そして売れ筋商品を勧められることもあるので、それが自分のニーズに合わない商品の場合もあります。担当者によって商品知識にバラつきがあることもあり、当たり外れがある事もあります。合わないと感じたら遠慮なく担当者の交代を求めて、必要なアドバイスをくれる信頼できる担当社を見つける努力をしたいものです。

投資信託は、証券会社の方が品揃えが豊富なので、投資信託に絞る時には信託銀行よりも証券会社を利用した方が良いでしょう。ネット証券なら、銀行窓口よりも商品が豊富でコストも低く購入することができます。また、信託銀行は店舗が少ないので、その利用のしにくさもデメリットになるでしょう。

ändern: www.web-toolbox.net ©2016 そんなに難しくないぞ!超銀行活用法