そんなに難しくないぞ!超銀行活用法

そんなに難しくないぞ!信託銀行

いろいろな信託商品

信託商品には個人向けと法人向けがありますが、ここでは私達に関係する個人向け信託商品の紹介をしましょう。自分の目的に合った貯蓄がしたい時には、「金銭信託」や「貸付信託」などが利用できます。「金銭信託」には色々な種類があり「合同運用指定金銭信託」は5千円以上1円単位から利用でき、信託期間は1年以上ですが、信託期間中でも事情によっては手数料を支払って解約することができます。また、預金保険制度の適応があります。

「ヒット」は100円以上1円単位から10万円以上1万円単位まで、銀行によって信託金額は変わってきます。信託期間に決まりはなく、こちらも事情によっては据え置き期間中の解約が可能です。ただし、これも手数料はかかります。預金保険制度の適応はありません。「実績配当型金銭信託」は募集の度に信託金額が決まりますが、100万円以上からが多いです。信託期間は商品により違い、3年から5年が多いようです。預金保険制度の適応はなく、信託期間中の解約は手数料が必要ですが可能です。

「貸付信託」は信託銀行が委託者から資金を集め、長期貸付けで運用して得た利益を元本に応じて支払うものです。貯蓄商品として以前は利用が多かったのですが、最近では色々な資産運用のタイプが増えた為、新規で募集をしている銀行はないようです。「資信託」は個人投資家から集めた資金を、専門家が代わりに運用して、その運用成果を投資家に分配する信託です。投資信託は銀行の窓口での販売も行っており、利用がしやすいです。

自分の財産の事は自分でしっかり決めたいと言う時には「相続関連業務」の利用ができます。「遺言信託業務」は財産の取り扱いをスムーズに行えるように、遺言書の保管から財産に関する遺言の執行などを行ってくれます。さらには、相続財産目録の作成や遺産分割手続きなどを行う「遺産整理業務」も利用することができます。最近では高齢者の多額の資産の保持や核家族化が進んでいる事などが原因で、信託銀行のこういった商品に注目が集まっています。

「不動産の信託」は不動産の売買や仲介業務を行っており、物件の調査から物件の紹介、売買条件の交渉や契約書の作成、登記などの手続きを助けてくれます。土地や建物の分譲や不動産の鑑定評価業務や不動産に関するコンサルティングサービスも行っています。土地やマンションが欲しい時にはこのような商品を利用することになります。自分のニーズに合った商品を普通の銀行を利用するように、信託銀行も利用することができます。

ändern: www.web-toolbox.net ©2016 そんなに難しくないぞ!超銀行活用法